読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近野貴行のフドネタ

近野貴行のフドネタです。

 

今回は、

 

キャピタルゲインを得たい方必見

 
 
ブログ

不動産の価格の推移と今後の予測について

これから、不動産投資を考えている方の中には、インカムゲインだけでなく地価上昇によるキャピタルゲインを狙った投資をしたい方も多いのではないでしょうか。

2013年に引き続き2014年も地価が上昇し、不動産の売買価格も上昇しました。
さらに2020年東京オリンピックの開催も決まり、不動産の価格更に上昇しているニュースもよく耳にするようになりました。
このような状況で、「不動産はまだ買い時?」と気になる方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

(1)現在の投資用不動産市場の状況は?

アベノミクスなどの影響により、2012年12月の政権交代以降不動産価格が上昇していることはご存知でしょう。不動産の価格が上昇している中でも、投資用不動産の取引は、2013年から活発な状況が続いています。活発であることの要因の一つとして、相続税増税に伴って相続税対策を目的に不動産投資をする資産家が増加しているのが目立っていることが挙げられます。また、株式投資などの投資家も不動産へ資産の組み替えをする人が増えているようです。

(2)新築住宅価格はどうなる?

地価上昇とともに、建築資材の価格アップや人手不足による人件費の高騰により、新築住宅価格のさらなる値上がりが予想されます。
また、地価上昇によって新築マンションや建て売り住宅の用地を仕入れすることが困難になったり、人手不足により着工が遅れたりする事態が生じたりすることで、供給数が絞られる可能性も考えられます。もし供給数が絞られればさらなる値上がりに繋がる可能性があります。

(3)中古不動産の価格は?

下記東日本不動産流通機構が2015年1月に発表した最新データを見て頂ければわかりますが、東京都の中古マンションの価格は2014年に引き続き上昇を見せています。

(4)直近の不動産取引金額の相場は?

国土交通省が運営している下記サイトでは、不動産の取引がどのくらいの金額で行われたかを調べることができます。直近の不動産取引金額の相場はこちらのサイトで確認するとよいでしょう。
http://www.land.mlit.go.jp/

(5)地価変動に影響を与える事象は?

不動産価格の今後の動向を正確に予測することはなかなか難しいと言えます。
もっとも、様々な事情から予測することは可能でしょう。以下は今後上昇傾向となることを推測させる事情です。

など。

日本の経済を大きく動かす指標を目安にインカムゲインだけでなく、キャピタルゲインも狙える物件探しをしてみてはいかがでしょうか。

エターナル株式会社 近野貴行 フドネタ